ロゴ香川県予防医学協会
香川県予防医学協会

メニュー

アクセスお問い合わせ電話・FAX
ロゴ香川県予防医学協会
香川県予防医学協会

メニュー

アクセスお問い合わせ電話・FAX

レディース健診Ladies Medical Checkup

お問い合わせお申し込み
いつまでも健康で若々しく過ごすためにできること、健診から始めて見ませんか?

乳がんとは…

近年日本人女性に急増している乳がんですが、治療方法も進み、早期に見つけて適切に治療すれば9割以上のケースで治癒が期待できます。
そのために大切なのが健診です。ぜひとも定期的に健診を受けてください。
罹患率を見ると、30~40歳代にかけて急上昇し、40歳代後半で第一のピークを迎え、60歳代半ばで第二のピークを迎えます。その後緩やかなカーブで下降していきますが、80歳代の方でもまだ乳がんにかかります。

ピンクリボン

子宮頸がんとは…

子宮頸がんの原因となるHPV(ヒトパピローマウイルス)に感染してがんになるまで5~10年以上と言われます。
その間、細胞は少しずつ変化し、がん化していきます。そのため、定期的に健診を受ければ、がんになる前の段階で見つけることが可能です。また、早期がんのうちに発見して治療すれば、ほとんど治癒が望めますので早期発見は重要です。ぜひとも、定期的に健診を受けてください。 年齢別にみた子宮頸がんの罹患率は、20歳代後半から40歳前後まで高くなった後、横ばいになります。近年、罹患率、死亡率ともに若年層で増加傾向にあります。

子宮頸がん

年齢階級別 「乳がん」罹患率(全国推計値)

年齢階級別 「乳がん」罹患率(全国推計値)

年齢階級別 「子宮頸がん」罹患率(全国推計値)

年齢階級別 「子宮頸がん」罹患率(全国推計値)

検査の項目

乳がん健診 マンモグラフィ

一次検査に用いられる乳房X線検査(マンモグラフィ)は科学的に乳がんによる死亡率の減少効果があると証明された方法です。医師の触診や自チェックでは発見できないしこりや、石灰化のある小さな乳がんの発見に適しています。優れた検査方法ですが、若くて乳腺が発達している場合、乳がんを判別しにくい場合があります。 X線を使用するため、妊娠中または妊娠の可能性のある方は受診できません。ペースメーカー、脳室シャントのある方、豊胸手術を受けられた方、授乳中の方、断乳後6ヶ月未満の方はお断りさせていただいております。

マンモグラフィ

乳がん健診 乳房超音波検査

超音波を使って乳房の病変を検査する方法です。 医師の視触診や自チェックでは発見できないしこりや、見つかったしこりが良性か悪性かといった診断に用いられています。 また、乳腺密度の高い人や若い人の健診に有効と言われています。

子宮頸がん健診

内診時に、子宮頸部を専用の綿棒やブラシでこすり取って細胞を採取します。採取した細胞を顕微鏡で観察して異常の有無を調べます。 問診、視診、内診及び細胞診の結果を総合的に判断します。 性交歴のない方は出血の危険があるため受診できない場合があります。

子宮頸がん健診

HPV検査

HPVは子宮頸がん発生原因となるウイルスで、その有無を検出する検査です。

料金表

子宮がん検査 子宮頸がん検査(子宮頸部細胞診・内診) 3,888円(税込)
HPV検査(頸部細胞診実施者に限る) 5,400円(税込)
子宮・卵巣超音波検査(頸部細胞診実施者に限る) 4,320円(税込)
乳がん検査 マンモグラフィ検査 4,320円(税込)
乳房超音波検査 (マンモグラフィ実施者に限る) 4,104円(税込)
原則、女性医師をはじめ女性スタッフによる専用スペースで安心して受けられます。
ページの上部へ