電話:087-868-5555  FAX:087-868-6650
公益財団法人香川県予防医学協会(高松) 写真
キャンペーン
健康診断のご予約
健康診断のご予約はこちらからお願いします。
健康診断ご予約お申込み
特定健診・特定保健指導のご案内
特定健診でメタボリックシンドロームを改善! 糖尿病、高血圧症、高脂血症などの生活習慣病を予防しましょう。
特定健診・特定保健指導とは
人間ドックのご案内
当協会の人間ドックには、団体でも個人でも受診できます。お気楽にお問い合わせください。
詳しい情報はこちらから
人間ドックのご案内
アクセスマップについて
アクセスマップ
※高松中央インターチェンジより車で5分
レインボー循環バスサンフラワー東バス停から徒歩1分
お問い合わせについて
公益財団法人 香川県予防医学協会
〒761-8071
香川県高松市伏石町2129-2
TEL:087(868)5555(代)
FAX:087(868)6650
お問い合わせメールフォーム

生活改善運動

こんな生活を送っていませんか

過度の飲酒や塩分の摂りすぎに気をつけて!生活習慣病は毎日の生活スタイルによる影響を受けるものです。
皆さんの生活の中で、次のようなことに心当たりはありませんか?
まずご自分の生活を振り返ることが健康への第一歩です。
夜更かしなどによる睡眠不足夜更かしなどによる睡眠不足
タバコの吸い過ぎタバコの吸い過ぎ
お菓子などの間食が多いお菓子などの間食が多い
仕事のし過ぎ仕事のし過ぎ
お酒の飲み過ぎお酒の飲み過ぎ
肉類(動物性脂肪)の取り過ぎ肉類(動物性脂肪)の取り過ぎ
塩分の取り過ぎ塩分の取り過ぎ
運動不足運動不足

こんな症状を感じたことはありませんか?

最近太りだした・太っている最近太りだした・太っている
朝なかなか起きられない朝なかなか起きられない
急に立つと立ちくらみ急に立つと立ちくらみ
すぐイライラするすぐイライラする
少し動いただけで息切れ少し動いただけで息切れ
よく頭痛が起こるよく頭痛が起こる
塩分の取り過ぎ夜なかなか寝つけない

簡単なことから生活を改善!

一日三食正しく食事をとろう!

一日三食正しく食事をとろう
健康への第一歩は、まず一日三食の食事を偏りなくきちんと食べることから始まります。特に家族との食事は大切に。親子のコミュニケーションを深め、明るい家庭も築けます。
▼一日最低一食きちんとした食事を家族二人以上で楽しく、30分以上かけてとる人の割合。56.3%

タバコの吸い過ぎに注意しよう!できれば禁煙!

タバコの吸い過ぎに注意
最近日本でも禁煙や分煙を取り入れたパブリックスペースが増えましたが、 先進国の中では一人あたりの喫煙量は日本がトップ!若い女性や未成年の 喫煙が増える傾向にあります。タバコには200種類以上の有害物質が含まれ、 ガン、生活習慣病、妊娠に関連した以上など、ほぼ全身にわたって害が 広がっています。また、自分だけでなく、周囲の人にも影響を及ぼしています。
▼毎日タバコ一箱、酒一合半でも食道ガンになる危険度は30倍

暮らしの中で、積極的に歩こう!からだを動かそう

からだを動かそう
運動不足の理由として、ほとんどの方が時間がないということを原因にあげます。しかし、毎日の暮らしの中で、エレベーターを使わず階段を使う、歩く場合は意識して少し速く歩く、家事をテキパキ行うなどなど、心がけ次第で適度な運動となるものです。
▼運動にはこんな効果があります。
●ストレス解消
●善玉コレステロールが増える
●筋力アップ、バランス感覚向上
●病気への抵抗力がつく
●肥満予防、生活習慣病を防げる

自分なりのテーマを見つけてストレスを解消しよう!

テーマを見つけてストレス解消
長い間ストレスをため込んでいると、うつ病、精神病など、いわゆるストレス病を引き起こす可能性があります。気持ちの落ち着く自分なりのテーマを見つけて、毎日リラックスした状態で毎日を過ごしましょう。
▼こんなテーマはいかがでしょうか?
●香りを楽しむアロマテラピー
●からだを動かす
●音楽を楽しむ
●自然とふれあう
●動物とふれあう etc.

肉より魚中心の食生活を心がけよう!

肉より魚中心の食生活を
本来、日本人は魚中心の和食を食べてきました。和食はヘルシー食として世界中で注目をあびていますが、若い世代を中心にファストフードや肉食の習慣がついてきました。これにより、肥満や生活習慣病の低年齢化が進んできています。食事には、このような動物脂肪だけでなく、植物脂肪、魚脂肪をバランスよく摂取する必要があります。
▼食事での油脂の摂取バランスは…4(動物脂肪):5(植物脂肪):1(魚脂肪)

『改善』をあまり難しく捉えないで!

実践してみれば、な〜んだ、こんなことでよかったの?というぐらい簡単なこともあります。
不規則な生活を送っていたり、自覚症状がある場合は、健康に要注意です。
早めの検診で自分の健康状態を把握しましょう。
また、改善が必要な場合は、医師や保健師のアドバイスを聞き、規則正しい生活を心がけましょう。